情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

eneloopスティックブースターのON/OFF このエントリーを含むはてなブックマーク

ON/OFFはしっかりしましょうby説明書

HTC Desire充電実験 eneloop(スティックブースター, KBC-D1AS)編で取り上げたeneloopスティックブースターには、ON/OFFスイッチが付いています。どうせUSBで繋いだり繋がなかったりでON/OFFになるし、Desireに繋ぎっぱなしでも満充電になったらOFFになるからONにしたままでいいと思っていたのですが、説明書には次のように書いてありました。

機器のご使用が終わりましたら、スライドスイッチを元に戻し電源をOFFにしてください。機器をご使用でないときでもハンディ電源のスイッチが入っていたら電池は放電しますので、ご注意ください。

つまり、ちゃんとON/OFFしましょうということみたいです。

説明書を読んでいると

説明書というか、パッケージ裏面を読んでいると、

出力時間:約90分(満充電したeneloop2個でDC5V/500mA出力した場合の目安)

と、書いてありました。DC5V/500mAは、USBで給電した場合のことを指しているので、ちゃんと実験の結果と一致していることが分かります。

また、推奨電池なるものも書いてありました。

推奨電池:三洋製単3形ニッケル水素電池HR-3UTGA3UTG3UG

HR-3UTGAは、新eneloopの単三形のことで、HR-3UTGは旧eneloopのことを指しています。eneloopならどっちでもいいですよということみたいです。ちなみに、HR-3UGは従来の充電池なので、eneloopにこだわる必要もないということみたい。

スポンサーサイト
Android | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。