情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

TeXでPDFにフォントを埋め込む(dvipdfmx) このエントリーを含むはてなブックマーク

TeXのインストールは「簡単TeXインストール@Windows」で済ませているとして、pdfにフォントを埋め込む方法をメモ。

スポンサーサイト
TeX | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

PowerPoint 2010 でスタイルのフォントパターンを取り出す方法メモ このエントリーを含むはてなブックマーク

フォントパターン

マスター付きのスライド(.pptx)を開いて、同じフォントパターン英数字用と日本語文字用それぞれに対して見出しのフォントと本文のフォントを指定したものを他のスライドやマスタに転用したいとします。しかし、既存マスタからフォントパターンを取り出したり、スライドを開いただけでユーザ定義のフォントパターンとして読み込まれるわけではありません。

フォントパターンを取り出す

フォントパターンを取り出す方法は、気がついてしまえば簡単です。まず、フォントパターンを取り出したいマスター付きのスライドを開いて、「新しいテーマフォントパターンの作成」を行います。すると、規定の入力が現在のフォントパターンになるので、そのまま名前を付けて保存するだけです。

今すぐ使えるかんたん PowerPoint 2010
PowerPointビジネスプレゼン ビジテク~図を描き・思考を磨き・人を動かすプレゼンテーション
PowerPointすぐに役立つスライドデザイン

PowerPoint | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

EclipseやVisual Studioでフォント設定時に非表示のフォントを表示する方法 このエントリーを含むはてなブックマーク

フォントが表示されない

Windows 7 でEclipseやVisual Studioのフォント設定を行っていると、フォントフォルダに存在するはずのフォントが表示されていないことに気がつきました。たしかに、条件に合わないフォントが表示されないなら分かるのですが、そういうわけではなさそうなのです。自分でフォントフォルダ(C:\Windows\Fonts)にフォントを追加したときに気がつきました。

フォントを表示する方法

表示するためには、フォントフォルダ(C:\Windows\Fonts)を開いて、非表示になっているフォント色が薄くなっているを右クリックして「表示」を押せばOKです。これで、他に問題がなければいままで表示されなかったフォントがEclipseやVisual Studioで設定できるようになります

非表示のフォントが表示されないのはよく分かるのですが、たとえば「Courier New」は非表示に設定されていたにも関わらず、Eclipseのとある設定では表示され、また別の設定では表示されませんでした。よくわかりません。

Windows | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

eclipseでコードが見やすいフォントを探してみた このエントリーを含むはてなブックマーク

なんだかプログラムを書くときに、コードのフォントがしっくりこなかったり、色がしっくりこないってことありますよね。

VMware上のゲストOSをFedoraからUbuntuに変更して、なんかUbuntuでデフォルト固定幅フォント(等幅フォント)であるMonospaceが微妙だったので、ほかのフォントをいろいろ試してみました。

その結果、きれいでなんか見やすいなーと思えたのが「DejaVu Sans Mono」フォント。標準の文字スタイルがBookなので、フォントを選択した結果「DejaVu Sans Mono Book」と表示されます。

ということで、おすすめのフォントはDejaVu Sans Mono Book

で、ちょっと調べてみたら、Fedoraでは、このフォントがMonospaceとして利用されて居るみたい。つまり、このまえまで使っていたフォントに戻っただけだったらしい。でも、やっぱりこのフォントが見やすいと思います。

実践 デバッグ技法 ―GDB、DDD、Eclipseによるデバッギング
Eclipse3ではじめるJavaプログラミング入門―Eclipse Ganymede対応
Eclipse パーフェクトマニュアルベストセレクション
Eclipse 3.4完全攻略

Linux | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Visual Studio 2008 を Eclipseライクなフォント・配色にしてみる このエントリーを含むはてなブックマーク

Visual Studio 2008フォント配色がいまいち見にくい。

そう思うのは、おそらくJavaで利用していたEclipseの外観に見慣れていたからに違いないということで、Visual Studio のフォント配色を変更して、Eclipseライクにしようというのが今回の目標です。

では、実際にどうやったかというと、

設定はすべて「ツール(T)>オプション...(O)」から呼び出したオブション画面中の「環境>フォントおよび色」で行います。

まず、フォントについてです。「フォントおよび色」の画面を表示した状態で、「フォント」を「Courier New」にします。これだけで、ものすごくEclipseっぽくなります。

配色完全に同じにということは設定の種類による制限上不可能なのですが、その制限の中で見やすくしてみた結果を書いてみます。


以下、設定の上から順、C#向けです。(※カスタム(63,95,191)という表記は、色の選択でカスタムから色の作成を選んで、赤63,緑95,青191にするという意味です。)


  • XML ドキュメント コメント → 前景色:カスタム(63,95,191)

  • XML ドキュメント タグ → 前景色:カスタム(127,159,191),太字

  • キーワード → 前景色:カスタム(127,0,85),太字

  • コメント → 前景色:カスタム(63,127,95)

  • コンパイル エラー → 前景色:赤

  • ユーザー キーワード → 前景色:自動

  • ユーザー タイプ → 前景色:カスタム(0,0,192),太字

  • ユーザー タイプ(インターフェース) → 前景色:自動

  • ユーザー タイプ(デリゲート) → 前景色:自動

  • ユーザー タイプ(値の型) → 前景色:自動

  • ユーザー タイプ(列挙型) → 前景色:自動

  • 文字列 → 前景色:カスタム(0,0,192)

  • 文字列(C# @ Verbatim) → 前景色:カスタム(0,0,192)



以上です。

これで、あとは自分好みに変更してみてください
C# | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。