情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

BINDの設定ファイルをしっかり書いたと思ったのに反映されなかった原因 このエントリーを含むはてなブックマーク

BINDの設定書き換え

BINDの設定ファイルの書き方を含めた、自分が過去に書いたBIND関連記事を見ながらBINDの設定を変更しました。しかし、全く反映されない。正確に言うと、変更前の設定は確かに無効になっているのに、新しい設定が読み込まれない状態でした。

原因

原因は、「BIND導入記04 設定ファイル編 後編」でも触れていた、データベースファイルの3行目にある設定ファイルの通し番号を更新していなかったことが原因でした。リンク先の記事でしっかりと

また、2009010701という数字は、このファイルの更新のたびに増加するようにしてください。

のように注意を促しておきながら、自分が見事にはまってしまいました。

まとめ

BINDの設定はミスしやすい。

DNS & BIND 第5版
DNS & BINDクックブック―ネームサーバ管理者のためのレシピ集
BIND9によるDNSサーバ構築

スポンサーサイト
BIND | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

BIND導入記05 起動編 このエントリーを含むはてなブックマーク

前回までに、BINDの設定ファイルを作成し終えました。あとは起動するだけです。

namedの起動

BINDの実態は、「named」というデーモンです。これを起動するためには、

# /etc/rc.d/init.d/named start
を実行すればOKです。
namedを起動中 [OK]
となれば正常起動です。また、OSの起動時に自動的に実行するためには、
# chkconfig named on
とすればOKです。

次回

次回は、動作確認編です。正しく動作しているかを確認します。

BIND9によるDNSサーバ構築
DNS & BINDクックブック―ネームサーバ管理者のためのレシピ集
DNS & BIND 第5版

BIND | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。