情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

X06HT(Desire)購入から1年経ったので電池パック無料サービスを受けてみた このエントリーを含むはてなブックマーク

X06HTの購入から1年が経ち、「あんしん保証パック」に加入していたので、申込ページから電池パック無料パックを申し込んでみました。申込方法が始め分からなかったのですが、電話とかソフトバンクショップとかでも出来るかもしれないのですが、Webから簡単にできました

バッテリーパック到着

申込ページで、いろいろ入力を済ませたのが、4月28日。そして、その4日後の今日には電池パック(HTBAF1)が届きました。飛脚メール便で届き、ポストに入っていました。

予備のバッテリーパックがあると便利

電池パックがたくさんあると、バッテリーの減りを気にする必要が無くなり、かなり便利に使うことが出来るので、あんしん保証パックうんぬんが無くとも、すぐにバッテリーを買ってしまうことを強くおすすめします

はじめの頃はエネループとスティックブースターを使っていましたが、時間がかかってしまうので、バッテリーパックを交換する方がお手軽です。

たくさんバッテリーを持とう

デジカメのバッテリーなどはロワジャパンという会社が売っているバッテリーを良く買っているのですが、X06HT向け などの携帯向けも売っているようです。それと、交換するには電源を切って背面を開けないといけないので割と面倒なのですが、3000mAhの大容量バッテリー3200mAhの大容量バッテリー なんてのも売っているようです。

今回のバッテリーで、所持しているバッテリーが3つになったのですが、目下の問題は、充電するためだけにX06HTにバッテリーを取り付けないと行けないということです。そこで、本体とバッテリーを同時に充電できるアイテム や似たようなこんなのなんかがあると良さそうですね。

スポンサーサイト
Android | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

HTC Desire(SoftBank X06HT) 8月請求分 このエントリーを含むはてなブックマーク

とりあえず今月もSoftbank X06HT(HTC Desire)の請求を掲載しておきます。

4回目請求(2010年8月分 ご請求内訳)

今回の請求でのポイントは、解約を忘れていた「基本オプションパック」を月の途中で解約した結果、料金が日割りで計算されたこと。それと、契約の最初の時期の割引が消滅したこと。

2010年8月分 ご請求内訳(対象期間:7月11日~8月10日)
料金内容内訳金額
基本料 ホワイトプラン934
 割引 ホワイト学割with家族2010(934円x100%)-934
通話料 ホワイトプラン0
(当社携帯宛無料通話[1~21時] 399円[概算])0
定額料 パケットし放題フラット専用パケット定額4,200
通信料 PCダイレクト@0.08円 1720918Pkt137,673
 割引 パケットし放題フラット専用パケット定額 対象通信分-137,673
月額料 S!ベーシックパック300
月額料 あんしん保証パック475
月額料 基本オプションパック168
 割引 月月割-2,096
その他 ユニバーサルサービス料8
小計3,055
合計3,055
(内課税対象額)3,055
消費税等152
ご請求金額3,207

来月は基本オプションパックが完全に無くなって、来月以降は同じ値段がずっと続くと思われます。ところで安心保証パックを契約していたのにX06HTIIに交換してもらえないとかって話を聞いたんですがどうなったんですかね。X06HTの在庫がないからって、せめてX06HTIIにしてもらいたいものです。そうじゃないのなら安心保証パック切ってもいいような。

Android | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

HTC Desire : X06HT とX06HTII の違いまとめ このエントリーを含むはてなブックマーク

昨日Softbank X06HT販売終了・予約受付終了の情報が流れた直後、X06HTIIとやらの発売が発表されました。

とりあえず違いは有機ELか液晶かどうかにあるようですが、いちよ現時点で分かるポイントをメモ。有機EL版(現行X06HT)を買いたい人は急いで予約しに行くべきなので、ささっとチェックできるようにしてみました。

プレスリリース比較

プレスリリース(X06HT, X06HTII)で公表されているスペックをもとに、X06HTとX06HTIIを比較。ほとんど一緒なので、X06HTからX06HTIIになって変わったところを打ち消し線で書き換えてみます

X06HT→X06HTII

  • 通信方式
    • 国内:W-CDMA
    • 海外:W-CDMA方式、GSM方式(850/900/1,800/1,900MHz)
  • サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ:約60×119×11.9mm/約135g
  • 連続通話時間/待ち受け時間
    • W-CDMA網:約390分/約406時間(静止状態) → 約390分/約360時間(静止状態)
    • GSM網:310分/約308時間(静止状態) → 約400分/約340時間(静止状態)※
  • ディスプレー:約3.7インチWVGA(800×480ドット)有機EL(最大6万色) → 約3.7インチWVGA(800×480ドット)TFT液晶(最大6万色)
  • モバイルカメラ(画素数/タイプ):有効画素数約500万画素/CMOS(AF対応、LEDフラッシュ)
  • 外部メモリー/推奨容量:microSDHC™カード(2GB同梱)/最大32GB
  • 外部接続機能:Bluetooth®(Ver.2.1+EDR)、無線LAN(IEEE 802.11b/g)、microUSB
  • OS:Android 2.1 with HTC Sense
  • カラー:ブラウン
[注]※電波を正常に受信できる静止状態での平均的な利用時間です。使用環境や機能の設定状況などにより、ご利用時間が半分以下になることがあります。

つまり、ここでは通話・待ち受け時間とディスプレーしか変わっていないということが分かります。

ニュースサイトより

ニュースサイトは、より詳しい情報を仕入れているようです。ここでは、ニュースの文章中で見つかる、X06HTとX06HTIIとの違いに注目します。また、ここを読めば済むようにその他の新しい情報についても記載しておきます。詳しくはリンク先へどうぞ。

+D Mobile

ソフトバンク、TFT液晶を搭載した「HTC Desire X06HTII」を発表」より

8月3日から予約を受け付け、9月下旬以降に発売
主な違いは、ディスプレイがX06HTの有機ELからTFT液晶に変更した点。
ソフトバンクモバイル広報部によると、X06HTIIのバックライト点灯時の消費電力がX06HTよりも低減しているという。

バックライトうんぬんを見ると、有機EL版より全体として省電力になったかのように読めますが、すくなくとも先ほどのプレスリリースのスペックを見る限り、待ち受け時間や通話時間が伸びているのは「GSM」の「待ち受け(静止状態)」のみであると分かります。ただし、このGSMは海外でしか利用できないため、国内で考える限りは全体としてバッテリの持ちがよくなったことが反映されていません。とはいえ、この解釈はあくまでプレスリリースの数値を鵜呑みにしただけであって、さまざまな使い方をするにあたってバックライト点灯時の消費電力減が最終的なバッテリ継続時間により大きく効いてくることも考えられます。なので、現時点では参考程度に考えておいた方がいいかもしれません実際、実は有意な違いがないなんてこともありえますし

X06HTとX06HTIIでS!メール(MMS)が利用可能になる専用アプリを、2010年9月中旬以降にAndroid マーケットにて無料で提供する(ダウンロード時のパケット通信料を除く)。

ざっくり言えば、普通の携帯電話と同じようなメールアドレスが使えるようになるよ。ということですね。ざっくり。

また、「「HTC Desire X06HT」 のMMS対応とAndroid 2.2へのアップデート予定を公表」には

X06HTの予約受け付けは7月29日で締め切るが、受け付けた分に関しては必ず出荷するとのことなので、手に入れたい人は予約を忘れずに。

とあるので、とりあえず予約手続きさえ完了すれば安心できそうです。

Android(アンドロイド)スマートフォン・アプリ情報 - ガプシス(GAPSIS.jp)

ソフトバンク、液晶ディスプレイ搭載の「HTC Desire X06HTII」を発表。9月下旬発売予定」より

X06HTに関しては期限は29日だが、予約状況次第ではそれよりも前に終了する可能性もあるため、注意が必要だ。必ず入手したいという方はできるだけ早めに予約する方が無難だろう。

全くその通りだと思います。迷ってないで、とまでは言いませんが、できるだけ早く予約した方がいいと思います。

有機ELがいいと言う方はX06HTを29日までに予約すべきで、液晶がいいと言う方はX06HTIIを選べばよいだろう。

違いは液晶だけであると予想しつつも、あくまで予想であると強調しています。ただ、正確な違いが分かる頃にはX06HTの予約が打ち切られている可能性が高いため、迷っている場合はそこのあたりを想像して予約するかどうか決めることになりそうです。

そして気になるAndroid OSのバージョンだが、X06HTへのAndroid 2.2(Froyo)は11月を目処にリリースされる予定だ。X06HTIIも同時か、近い時期と予想される。

だそうです。この情報についてはソースがどこだか明記されていませんでしたが、おそらくこれでしょう→「X06HT(Desire)について、9月中旬にはMMS対応する計画で開発を進めています。詳細は近日中に発表。RT @masason MMS対応します。後藤君、返事頼む。RT @picomar Desire 販売終了って…MMS対応 とかも無かった事になるんですか?」「日本語対応含め11月を目処に対応を予定しています。RT @masason 対応します。後藤君、返事頼む。RT @sisono: X06HT (HTC Desire)、いつになったらOS.2.2にupgradeするんですか?売りっぱなし放置ですか?」。現時点でプレスリリースは見つかりません。参考:「「HTC Desire X06HT」 のMMS対応とAndroid 2.2へのアップデート予定を公表(+D Mobile)」

ITpro

ソフトバンクが新Android端末「HTC Desire X06HTII」を発表、S!メールに対応へ」より

現行機種の「X06HT」ではディスプレイに有機ELを採用していたが、「X06HTII」ではTFT液晶を採用する。それ以外の仕様はほぼ同じ

「違いはディスプレーだけ」ということを若干断定気味ですね。「ほぼ」ともありますが。

ITmedia News

ソフトバンクが「HTC Desire」新モデル発売 ディスプレイがTFT液晶に」より

ディスプレイの変更について、同社広報部は「さらなるユーザーエクスペリエンスを提供するため」と説明している。

だそうです。って、よく分からないですね。

ASCII.jp x デジタル

これで供給不足も改善? 液晶版のHTC Desireが9月下旬発売 S!メールへの対応も」より

一方で本機に搭載されていると伝えられているサムスン製有機ELディスプレイの供給不足が海外で報道されており、実際に国内でも予約しているユーザーにも製品が十分供給されていない状態だった

まさしくそうですよね。ただ、このあとに「そのこととの関連性は不明だが、」と言ってから液晶への切り替えを説明していますこうやってメディアの表現を細かく見てみると面白かったり

ケータイ Watch

ディスプレイをTFTに変更した「HTC Desire X06HTII」」より

なお、現時点で端末価格は未定としている。8月3日の予約開始時に案内される模様だ。

そういえば、ここまで料金・価格の話が出てきていませんでしたが、予約時に分かるみたいですね・・・って、つまりX06HT予約終了時点ではまだX06HTIIの販売価格が不明ってことかもしれません。要注意です。でも、どうにか聞き出せそうですよね・・・

ちなみに、「HTC Desireが販売終了、予約受付は7月29日まで」には、

なお、「HTC Desire」は数量限定の端末ではなく、数に限りがあることは発表当初から案内されていない。ソフトバンクでは販売数量について公表しない方針だ。

だそうです。出荷数ものすごく気になりますよね。残念です。

RBB TODAY

ソフトバンク、TFT液晶搭載のDesire「X06HTII」発売

Gigazine

ソフトバンクモバイル、Androidスマートフォン「HTC Desire X06HTII」を発売へ

おわり

なんか2つから選べるって言うのは嬉しいようなめんどくさいようなって感じですよね。なにせ、ダメだったから交換とか、やっぱりあっちがよかったーとかが簡単に起こりますから。うーん、予約が打ち切られるまでにもっと詳細を公開してくれることを望みます希望的な深読みをすると、公開したらX06HTが売れなくなっちゃうほどX06HTIIがすごいから公開できません とか・・・ないか

超カンタン!Desire―Google「Android2.1」をトコトン使い倒す! (I/O別冊)
HTC Desire /X06HT専用液晶保護シート 『Perfect Shield for HTC Desire SoftBank X06HT 』(反射を抑えたタイプ)
ELECOM HTC Desire SoftBank X06HT用シリコンケース 液晶保護フィルム付き ブラック MPH-D10SCBK

Android | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

HTC Desire(SoftBank X06HT) 7月請求分 このエントリーを含むはてなブックマーク

販売終了というニュースで話題のHTC Desire(softbank)。前回の「HTC Desire(SoftBank X06HT) 実際の請求内訳 5・6月分レポート」に引き続き3回目の請求を掲載しておきます。

3回目請求(2010年5月分 ご請求内訳)

今回の請求でのポイントは、4月末に購入して以来、初めて月月割が適用されている点です。また、基本オプションパックを解約し忘れていたり、無料キャンペーン最後の適用だったりもポイントかと。

2010年7月分 ご請求内訳(対象期間:6月11日~7月10日)
料金内容内訳金額
基本料 ホワイトプラン934
 割引 ホワイト学割with家族2010(934円x100%)-934
通話料 ホワイトプラン0
定額料 パケットし放題フラット専用パケット定額4,200
通信料 PCダイレクト@0.08円 924994Pkt73,999
 割引 パケットし放題フラット専用パケット定額 対象通信分-73,999
月額料 S!ベーシックパック300
月額料 あんしん保証パック475
月額料 基本オプションパック475
 無料 基本オプションパック無料特典(254円x100%)-254
 割引 月月割-2,096
その他 ユニバーサルサービス料8
小計3,108
合計3,108
(内課税対象額)3,108
消費税等155
ご請求金額3,263

コレを見ると、かなり安い印象です。月月割りがやっと発動したおかげです。さらにここからあんしん保証パックと基本オプションパックを削除すればかなり安くなることが分かります。自分はあんしん保証パックは付けておいてもいいと思っているので、基本オプションパックの解約を次回請求には間に合いませんが、ちょっとやってきます。

Android | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

HTC Desire 購入(契約時メモ) このエントリーを含むはてなブックマーク

HTC Desire(X06HT)購入

Xperiaを買おうか迷っていた時期が懐かしいのですが、とうとう発売日(4/27)にDesireを買ってきました。

購入・契約

新規契約@ヨドバシをしました。プランなどは次の通り。

  • ホワイトプランN

    月額980円。2ヶ月間無料。

  • Wホワイトプラン(強制)

    月額980円。翌日から解約OKなので、強制とはいえ、2年間ずっととかではありません。

  • パケットし放題フラット

    月額4,410円。パケットし放題・パケットし放題forスマートフォンの3つから選択。迷うことなくフラットに決定。海外に長期滞在することもないだろうし、月月割重要なので。

  • あんしん保証パック(強制)

    月額498円。これまた強制加入で、いつでも解約OKです。ただし、安心保証パックは1ヶ月間無料だそうです。あんしん保証パックは一度解約すると再契約出来ないので注意。

  • 基本オプションパック(強制)

    月額498円。これも強制加入ですが、他と同様にいつでも解約OK。そして、2ヶ月間無料。

  • WIRELESS GATE(強制)

    月額380円。ヨドバシということでワイヤレスゲートも強制加入です。ただ、解約自由。そして、これも1ヶ月だか2ヶ月無料。というか、これに関しては、契約書的な書類が入ってない!。接続方法を印刷した紙が1枚入ってるだけで、詳細不明。

プランと言えばこんな感じ(契約書見ながら)。

ちょっとしたこと

その他、ちょっとしたことを次に書きます。

  • 一括払いにしたので、その場で61,920円支払い。
  • 月月割2,200円
  • 新規契約事務手数料は、2,835円で、最初の月の月額料金と一緒に請求。
  • 契約満了月は2012年4月。
  • 回線契約の解約、回線譲渡(契約人変更)、ホワイトプラン以外の料金プランへの変更のどれかを行うと違約金9,975円発生。翌月の請求に加算。
  • クレジットカード払い、家族割りなしで契約したところ、料金請求の締め日は10日締め
  • 請求書を郵送にすると、毎月105円必要。高すぎ。
  • パケット定額サービス未加入時の通信量目安:10MBファイルをダウンロードした場合約1万7千円 って書いてある。
  • 引用:HTC Desireでは以下ご利用できないサービスがあります。S!メール、Yahoo!ケータイ、基本オプションパック、法人基本パック、法人基本パックプラス、かんたん会社メール、留守番電話プラス、S!情報チャンネル、S!電話帳バックアップ、ウェブ安心サービス、位置ナビ、S!ともだち状況、TVコール、災害用伝言板。
    基本オプションパックは契約できるけど、全部使える訳じゃないという意味だと思われる。
  • 契約変更(Wホワイト解約など)は、SBショップに行かなくても、ネットで出来るらしい。
  • 「ケータイWi-Fi」または「ソフトバンクWi-Fiスポット(i)」の月額使用料490円がずっと無料というのがありましたが、そもそもケータイWi-Fiなどは、Desire(X06HT)は対象機種でないので、契約できません

やっつけ

かなりやっつけのメモになってしまってますが、つまり、「Desire買ったぞ!」ということが言いたかったんです。使った感想とか、インストールしたアプリとかのメモは気が向いたら。

Android | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。