情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

OpenBSDのインストール方法詳細メモ(3) インストール開始編 このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事は、「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(1)」から始まるシリーズ記事です。

Install種別の選択

はじめの質問は次の通り。

...
erase ^?, werase ^W, kill ^U, intr ^C, status ^T
 
Welcome to the OpenBSD/i386 4.7 installation program.
(I)nstall, (U)pgrade or (S)hell? _

ここでは、新規インストールを行いたいので「I<Enter>」とします。

キーボードレイアウトの選択

続いて、次のように表示されます。

At any prompt except password prompts you can escape to a shell by
typing '!'. Default answers are shown in []'s and are selected by
pressing RETURN. You can exit this program at any thime by pressing
Control-C, but this can leave your system in an inconsistent state.
 
Choose your keyboard layout ('?' or 'L' for list) [default] _

ここでは、キーボードレイアウトを指定します。INSTALLマニュアルによるとデフォルトはUS QWERTYらしいです。そこで、ためしに「@」キーを押してみると「[」が入力されてしまいました。

L<Enter>」でリストを表示してみます。すると、

Available layouts: be br cf de dk es fr hu it jp la lt lv nl no pl pt ru sf sg si sv tr ua uk us

と表示され、幸い「jp」があるので、再び表示された質問に対して「jp<Enter>」とします。すると、

kbd: keyboard mapping set to jp

と表示され、ちゃんと変更されました。当然のことながら、USキーボードを使ってる人はそのままでよく、質問に対して「Enter」で次に進めます。

今回の質問の最後に「[default]」と表示されていますが、今後の質問についても、「[ ]」で囲われた内容がデフォルトの答えです。何も入力せずにEnterを入力すると、デフォルトの答えを入力したことになります。

つづく

次はネットワークの設定です。→「OpenBSDのインストール方法詳細メモ(4)

BSD Hacks ―プロが使うテクニック & ツール 100選
実践ネットワークセキュリティ監査―リスク評価と危機管理
ネットワークセキュリティHacks 第2版 ―プロが使うテクニック & ツール 100+

スポンサーサイト
OpenBSD | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。