情報科学屋さんを目指す人のメモ(FC2ブログ版)

何かのやり方や、問題の解決方法をどんどんメモするブログ。そんな大学院生の活動「キャッシュ」に誰かがヒットしてくれることを祈って。

ブログ内検索

スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 編集

P2Pの専門知識ゼロから独自DHTを実装評価するまでの学習方法と参考資料まとめ このエントリーを含むはてなブックマーク

P2P、特にDHTの前提知識が無い状態から、オリジナルDHTアルゴリズムを実装・評価できるようになるまでの学習方法と参考資料をまとめました。

基本的なアルゴリズムの仕組みから、実装評価に用いるツールキットの使い方までを短期間で学習することが出来ます。

P2Pに関する卒論を書こうと思っている人」や「P2Pアプリケーションの開発前に、アルゴリズムをテストしたい人」、「なんとなくP2Pアルゴリズムに興味が出た人」などにぴったりだと思います。また、研究室での後輩教育用資料にするのも良いと思います。実際に使いましたし。

ここで紹介する資料一覧は以下の通りです。

大部分がこのブログの記事です。記事一覧が無かったので、学習の流れを新たに書き、その参考資料としてまとめました。まず学習の流れの概要を紹介し、その次に学習の各ステップで一覧に示した資料がどう役立つかを説明します。

スポンサーサイト
DHT | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

Mercuryではじめる範囲検索のできるDHT このエントリーを含むはてなブックマーク

前回(第二十五回)のP2PSIP勉強会でちらっと登場した範囲検索の出来るDHTアルゴリズムである「Mercury(Mercury: Supporting Scalable Multi-Attribute Range, SIGCOMM 2004)」の解説スライドを作りました。

Mercury

論文の内容は難しいです。まぁ、ものは試しでスライドを書いてみました。

前提知識

Chordの知識が必要となるのでChordを知らない人は「ChordアルゴリズムによるDHT入門」を先にどうぞ。それと、MercuryはSymphonyアルゴリズムベースのところがあるので、「DHTアルゴリズムSymphonyの解説」を先に読んでおくことをおすすめします。

Mercuryではじめる範囲検索のできるDHT

質問・問い合わせ・"間違ってるよ"連絡は@did2memoまで

P2P Networking and Applications
Winnyの技術
Distributed Systems: Principles and Paradigms

DHT | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

第147回DPS研究会の発表資料 このエントリーを含むはてなブックマーク

第147回DPS研究会での発表「構造化オーバレイにおけるバーチャルノード融合」の発表資料をアップロードしました。

本手法のベースとなっている「柔軟な経路表」の発表「柔軟な経路表:経路表空間上の順序関係を利用したオーバレイネットワークルーティング方式」で使用した資料はこちら→SACSIS2011の発表資料

DHT | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集

ChordアルゴリズムによるDHT入門 このエントリーを含むはてなブックマーク

Chordの解説ページは移転しました。こちらをご覧ください→「ChordアルゴリズムによるDHT入門

Symphonyの解説を書いたとき、「Chordの理解を前提」にしていたので、今回はChordの細かい解説スライドを作成しました。

Chordの説明はDHTの中でももっともたくさん書かれているものだと思います。 もちろん、それと同じように書いたのではほとんど意味がないと思うので、 論文を読んでもすぐには分からない全体像から、どこが重要か、どの点によってメリットが生まれているかなどに注目しつつ、飲み込みやすいストーリーになるように注意しました。

なおかつ、出来るだけ論文からぶっ飛びすぎないようにも気を付けてみました。

まだ荒削りなのですが、とりあえずどうぞ。

追記:「P2Pの専門知識ゼロから独自DHTを実装評価するまでの学習方法と参考資料まとめ」を書きました。このChordの解説資料を含め、当ブログのエントリを利用してP2P(特にDHT)を学習する方法について詳しく書いています。特にこれからP2Pの研究をしたい、P2Pに詳しくなりたいという方はぜひ。

DHT | コメント:6 | トラックバック:0 | 編集

Overlay Weaverの使い方(2) ログから経路情報を読み取る方法編 このエントリーを含むはてなブックマーク

Overlay Weaver の使い方」では、Overlay Weaverをエミュレーションモードでシナリオを読み込ませて動作させる手順を紹介しました。今回は、その結果得られたログを読んで、どのようなルーティングが行われたかについて分析する方法を紹介します。経路長の測定も、この記事のようにして行えます。

DHT | コメント:0 | トラックバック:0 | 編集
 | HOME |  OLD >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。